台湾と韓国で留学中日本人大学生ほのげ

沖縄から台湾の大学へ正規留学。韓国語学科専攻をしつつ、現在韓国に半年間留学中

MENU

韓国の港町穴場スポット・トンヨン、行くべき観光スポット3選【통영여행】

 

みなさんおひさしぶりです。

 

夏休みの思い出を残しておこうと思い(記事の質を上げるためにリライトもしないといけなくて汗)、一番仲良い韓国人のお友達ソヨンちゃんの故郷に遊びに行ったことについて書こうと思います〜

 

釜山よりさらに下の田舎町・トンヨン

私が韓国留学に来て一番仲良くなった友達がソヨンちゃんなのですが

 

彼女はソウルにある大学に通う四年生(現在休学中)なのですが、地元はソウルではなく、ソウルからバスで約4時間かかる 

통영(トンヨン)と言う場所なのです。

 

トンヨンはプサンの更に下、プサンから電車で約1時間の場所に位置しています。なんといっても福岡との距離が近すぎる!友達いわく、「下過ぎて外国人は全然来ないけど最近では韓国人が国内旅行でよく遊びに行くスポット」らしい

 

確かに、釜山には観光客がたくさんだとしてもトンヨンまで観光に行く外国人はいなさそう。。(笑)多分訪れたことのある日本人もだいぶ少ないんじゃないでしょうか!

 

ということで私なりにトンヨンを紹介したいという思いで、今回の記事を書いてみます〜!大自然で、ソウルとは全然違った雰囲気を楽しめる場所なので韓国の田舎に触れてみたい人はぜひ参考にしてみてください〜

 

 

  

トンヨンまでのアクセス方法 

トンヨンまで行く方法は簡単に二つあります

  1. KTXで釜山まで行って、そこからバスで向かう
  2. ソウルから高速バスでトンヨンまで行く

今回私たちはバスで直接行くことにしました!ソヨンちゃんも毎回バスで帰っているそうなのでその方が乗り換えがないので楽なのかも。値段も意外と安く、片道3000円程度でした。

 

(バスでふたり爆睡だったけどシート硬くてめちゃくちゃケツ痛くなって何度も起きた)

 

バスに揺られ4時間。。。🚌

 

 

トンヨンは韓国の港町

私のトンヨンに対しての第一印象、それは、ソウルとは全く違った韓国というものでした。

f:id:honogee:20190726201740j:image


トンヨンはなんとも不思議なつくりをしている街で、両端に二つの島、真ん中には海、そしてそのふたつの島をつなぐ橋を含めてトンヨン市として成り立っています。道路のすぐ横に海があるのですが、沖縄出身の私でもなんだか不思議な光景でした!

 

 

韓国の港町として有名で、韓国ドラマの撮影地としても最近はよく使われるようです

 

ソウルはどこでも人がめちゃくちゃ多く、建物もすっごく凝縮しているのですが、トンヨンはまさに初めて見る韓国の姿という感じでした。

 

街の人たちもソウルと比べてフレンドリーな感じ。急いでせかせかしている人が本当に少なく、みんなゆったり〜している印象でした!

 

 

トンヨンで観光すべきスポット3選 

トンヨンの観光スポット、行くべき場所を3つ選んでみました!

동피랑(トンピラン)

トンヨンを代表するインスタ映えスポットとして有名なのがここ동피랑(トンピラン)

基本的にトンヨンでは歩きかタクシーで動くことをおすすめします!🚕

 

バスもあるのですが、数が少ないのと時間通りになかなか来ないということで、私たちは基本タクシーを使っていました。実際に、トンヨン自体が小さな町なのでタクシー代もそこまでかからず観光できます。

トンピランの位置はここ!

 

トンピランがどういった場所なのかというと、 

f:id:honogee:20190726205415j:image

こういう感じで、建物一帯の壁に色んなアートがされていて、カフェやご飯屋さんが密集している小さいエリアになっているんです!

 

なんだか昔の雰囲気が漂っていて、ソウルとは違う国のような感じ!(笑)ひたすら街並みが可愛くて、高いところに位置しているため眺めも良く、すごくヒーリング〜〜🎐でした!(ただ、たどり着くまでめちゃめちゃ坂を登るのでそれがキツカッタ。。)

 
f:id:honogee:20190726205632j:image

 

写真スポットが多くて、その度ソヨンちゃんが「ほのかちゃんこっち立って!」って写真めちゃくちゃ撮ってくれました🤳さすが韓国人、分かってらっしゃる。。!(笑)

 

毎度思うことですが、やっぱり韓国人は男女問わず日本人よりインスタ用の写真を撮るのが上手いです!やはり数をこなしているからなんでしょうか。。留学期間中に彼氏に自分とケーキの写真撮らせてる彼女5643794回くらい見たし

 

 

 

통영해저터널(海底トンネル)

そして二個目はトンヨンの海底トンネル、통영해저터널(トンヨンヘジョトネル)。

 

ここは昔日本人が建てたトンネルで、今では韓国の登録文化財に指定されています。トンヨンを代表する観光地の1つで、夜になるとライトアップもされていて綺麗でした〜!

f:id:honogee:20190925045955j:image

ソヨンちゃんのお兄ちゃんがわざわざ写真撮ってくれました!(笑)すごい気がきく。。!

 

トンヨンは昔、日本人が多く住んでいた町で、ところどころ日本式の建物を見かけたのも不思議だったなあ。。👀

 

今では車の通行は止められているのですが、自転車や人はそのまま通行しています。散歩コースや観光地になっているらしく、結構歩いている人がいました!中にはこのトンネルが出来た経緯や歴史を書いたものが展示されていて、さらにトンヨンを知ることが出来ます♥️

 

 

통영케이블카(ケーブルカー)

そして3つ目。トンヨンではケーブルカーに乗ることが出来るのです!これは結構目玉観光地。👀

 

ただのケーブルカーと甘く見てはいけません!想像してたよりなかなか乗るのに勇気がいる物件。。!(笑)

f:id:honogee:20190925050724j:image

 

ですが乗ってみると、トンヨンをきれいに一望出来て、すごく爽やかな気分に!🌬

 

地元民も「トンヨンといえば、ケーブルカー!」というのがあるらしく、地元民も沢山来るらしい。小さい子達をつれた家族連れも多かったです!(子供達少しも怖くなさそうで凄かった。。笑)

 

お値段の方は

個人 大人11,000ウォン/子供7,500ウォン

団体 大人10,000ウォン/子供65,00ウォン

 

食べ物や映えだけじゃなく、アクティブなこともしてみたい方におすすめです!

 

 

大自然トンヨンでの二日間

トンヨンは海に囲まれたすごく穏やかな場所でした🌊

 

最近はずっとソウルの大都会に囲まれていたので、すっっごい久しぶりに海を見れて自然に触れられてなんだかとても落ち着いたわたし

 

田舎の人間は自然に触れないと干からびるのでね、私韓国にいても台湾にいても定期的にめちゃめちゃ海見たくなるし。。🌊

 

 

今回の旅は二泊三日ソヨンちゃんのおうちに泊めてもらったのですが、その間もソヨンちゃんの家族がすごい良くしてくれて

f:id:honogee:20190726211138j:image

おいしい食べ物をご馳走してもらったり、お兄ちゃんたちが車を出してくれて観光も手伝ってくれたり、家族+私で一緒に映画アラジンも見たり。。(笑)

 

 

私、台湾、韓国どちらの留学でもすごく周りの人に恵まれていてですね

 

ありがたいことに今までの留学生活の中でも色んな友達が家に招待してくれたり家族に会わせてくれたのですが、その度に凄く人の暖かさに触れるというか

 

違う国の家庭にこうやって触れる機会があって、全く文化も言語も違うのに迎え入れてくれて優しくしてくれて、みんなで一緒に楽しめて。って改めて不思議なことだし凄く良い経験だよなあと思います。

  

 

自分が外国人になった経験があるからこそ、前よりも人に優しくなれましたし(これは私が留学でも得た大きな収穫のひとつだと思っています!)

 

当たり前のように過ごしているけど、ふとしたときに「ありがたいな〜」が溢れます!感謝感謝。。!🙇🏻‍♀️🙇🏻‍♂️

 

 

ということで凄く楽しくトンヨン旅行を終えたのでした。ソウルばかりの韓国旅行からひと味違った韓国の良さを楽しみたいとき、ぜひトンヨン旅行をおすすめします〜!

 

今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました

 

それではまた〜〜!